介護福祉士になろうと思うんだけれど…

やりがいってあるのかなぁ?

 

SPONSORED LINK

 

近頃、注目されつつある介護福祉士。

介護福祉士と言われて、あなたはどんな仕事内容を想像しますか。

 

高齢化社会が進む中で介護福祉士は職に困ることがなく、一生働けるという良い面がありますが反面、給料が安い、時間が不規則など、悪い面も垣間見れる職業ですね。

 

ここでは介護福祉士という職業にスポットをあてて実際にどんな仕事をしているのか

給料ややりがいの面から知ることができる情報を提供していきます。

 

介護福祉士の仕事内容とは?

1

Original update by:acworks

 

介護福祉士になるにあたり、まず知りたいのはその仕事内容ですよね。

介護福祉士とは一体、何をしているのか気になりませんか。

 

介護福祉士とは高齢者などの介護が必要な方へのサポートです。

それは身体的介助のみではなく、生活や精神にも範囲が広がります。

 

主なサポート範囲は以下の通りです。

 

 

・身体介護

・生活のサポート

・メンタルケア

・相談や指導、助言

・チームマネージメント

 

 

身体的介護では食事、着替え、入浴、排せつの補助があげられますね。

個人によってどこまでできるのかは異なりますが、例え自分で出来る人でも、見守ることも介護なんです。

 

また、手足が悪い人であれば、ベットからの立ち上がりの補助・歩行の補助なども仕事内容に加わってきます。

日常生活に必要な身体動作が十分行えない方に対して、それを補助し助けることが仕事なのです。

 

介助だけでなく利用者の心の問題をサポートするのも介護福祉士の大切な仕事です。

話し相手になったり、レクリエーションを行ったり、周りの人との交流を促すなど、利用者の気持ちに安らぎを与えます。

 

他にも介護についての相談を受けたり、それに対して指導や助言をすることもあります。

介護福祉士同士のコミュニケーションを取り、チームとしてのメンバー管理や後輩への指導なども仕事に含まれます。

 

  • 介護福祉士が対象としているのは高齢者だけ?

 

介護と聞くと高齢者を連想してしまいがちですが、介護福祉士は高齢者のみを対象にしているわけではありません。

身体が不自由な子供や、障害をもった人の介護も介護福祉士の仕事の範囲です。

 

  • 勤務のサイクルはどんな感じ?

 

介護福祉士は入る施設にもよりますが、一般的に多いのがシフト制の月に数回の夜勤がある勤務サイクルです。

 

夜勤の翌日は休みという体制が多いですが、決まった時間帯の仕事ではないので慣れるまでは不規則な生活がしんどいと感じる人もいるでしょう。

 

どうしても続けられない場合は「デイサービス」など日勤だけの職場に入ることをおすすめします。

 

  • 介護福祉士の資格がない人でも同じ仕事をしているけれど?

 

介護福祉士の資格がなくても、介護職に就くことは可能です。

しかし、資格があるかないか、で仕事内容は変わってきます。

 

介護福祉士の資格保有者は、ほぼすべての仕事に関わることができます。

 

資格がない場合は食事の準備や掃除など比較的簡単な仕事内容が主になり

入浴や排泄の補助、メンタルケアなど専門的な仕事は一部制限されてきます。

 

介護福祉士の仕事がきついと言われる理由は?

 

表向きだけ見ていると需要のある介護福祉士の仕事は良さそうに見えます。

しかし実際には介護福祉士として働き始めても、辞めてしまう人も多いのです。

 

その理由の一つが「仕事がきつい」というものです。

介護福祉士の仕事がきついと言われるのは、どんな理由があるのでしょうか。

 

 

・肉体労働がほとんど

・利用者やその家族とのトラブルが絶えない

・職場の人間関係が悪化している

・給料が安い

・夜勤がある

 

 

ざっとあげるとこんな感じです。

何と言っても介護の仕事は肉体労働です。

 

  • 肉体労働って具体的にはどんなこと?

 

利用者を抱き上げたり、持ち上げたりはもちろん、いつでも体重を預けられる状態にあります。

また、室内だけでなく外出の介助やレクリエーションなど、いつも身体が動いている状態です。

 

そんな中、一生懸命仕事をしていても、利用者やその家族とのトラブルが絶えなかったり

職場の人間関係に悩まされる人も多いですね。

 

いつも同じメンバーが同じ空間で毎日のように顔を合わせるので、嫌な部分も見えてきます。

悩みがあっても相談する相手がいないなど、ストレスを溜める原因にもなりそうですね。

 

24時間体制で利用者の介護をするというのは、肉体的にも精神的にも大変です。

しかし一般企業に比べると給料が安いのが現実です。

 

さらに夜勤が入ることで、体調を崩してしまう人も多いんです。

夜勤があっても給料にはあまり反映されないのも、仕事がきついと言われる理由でしょう。

 

人員不足で休みがまともに取れないという意見もありました。

最終的には仕事を続けたくても、身体を壊して辞めざるを得ないという人も多いんですよ。

 

介護福祉士は低所得って本当なの?

2

Original update by:acworks

 

 

最近、ようやく表に出てきた話ですが、介護福祉士の給料が低いという点です。

全体的に見れば介護福祉士は低所得です。

 

それは一般企業に比べて数万円単位で変わってくるので余計に注目されているのでしょう。

確かに介護福祉士の求人を見ていると、明らかに給料が低いと感じる部分は多いです。

 

  • それじゃみんな辞めてしまうのでは?

 

介護福祉士の資格があっても資格手当が出ないところもありますし将来不安から介護職を離れていくケースというのも働いていればよく見られる光景です。

 

それによる人員不足に陥り、介護業界は危機に陥ってしまうと言っても過言ではないでしょう。

しかし、こういった人員不足が続いているのは、転職のチャンスでもあります。

 

確かに低所得と言われるくらいに待遇が悪いところがまだまだ多いのですが会社としては待遇を悪くして職員が去り、優秀な介護士が育たない環境ができるのはかなり苦しいのです。

 

ですから、徐々に見直されている傾向にあるので、好待遇を売りにする施設も増えてきました。

ボーナスも出て休みもしっかり取れるような求人も少しずつ増えています。

 

今こそ、そういった求人を見つけ出して、転職するには良いのかもしれませんね。

今後は介護福祉士の給料面も見直されていく可能性が高いです。

 

介護福祉士経験者に学ぶ仕事のやりがいとは?

 

介護福祉士の資格を取り、実際に働くにあたって「やりがいがあるのか」という点でも気になっている人は多いのではないでしょうか。

 

  • 何をもってやりがいっていうの?

 

何をもって「やりがい」とするのかは、人それぞれですが

実際に介護福祉士経験者から聞いた内容を見ていくと、ある回答が多いことが分かります。

 

それは「人の役に立てること」です。

世の中の多くの仕事は何らかの形で人の助けとなっていることが多いですが、介護の世界では特にその側面が強いです。

 

介護の仕事は1人の利用者と関わる時間が長いですし、利用者の声をダイレクトに聞くことができます。

また食事や入浴といった身の回りの介護、さらには心身のケアまで様々な方向から利用者を助けます。

 

介護を必要とする人は「できれば手伝ってほしい」ではなく「絶対に助けてほしい」と感じている人がほとんどです。

ですから、それをサポートすることができる介護の仕事は感謝されることが非常に多いのです。

 

そういった部分にやりがいを感じる介護福祉士は多いと言えるでしょう。

あなたが人を助けたい、という気持ちが強いのであれば、介護福祉士を目指すのも良いかもしれません。

 

  • 他のやりがいってないの?

 

人を助けること、人の役に立てること以外にも、やりがいを感じる場面はあります。

 

 

・今後の高齢化社会の波で需要が高く一生続けていけること

・経験を積めば将来的に活躍できる場面が増えていくこと

・自分の身内に介護者が現れた時にも役立てることができる

 

 

こんな風にやりがいを感じている介護福祉士が多いです。

当てはまるものがあれば、介護福祉士への道を考えてみてはいかがですか。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

介護福祉士の仕事は人間を相手にするお仕事です。

相手は人間なので、思い通りにはいきませんし、対立することもあるでしょう。

 

しかし「人の役に立つ」「人に感謝される」ということで、やりがいを感じる人が多い素晴らしい職業です。

 

仕事内容に給料が見合わない点については、今後の改善を期待するしかありませんが

人員不足が深刻な今なら、介護福祉士を目指すのには良いタイミングかもしれません。

 

あなたなりのやりがいを見つけることができれば、一生涯続けていける仕事になりますよ。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです